グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



カテゴリタイトル
ホーム  > 事業内容  > 公社の医療  > 周産期医療

周産期医療

「周産期」とは、妊娠22週から生後満7日未満までの期間をいい、この期間は合併症の発症や分娩時の急変など、母子ともに身体・生命にかかわる事態が発生する可能性が高くなる期間です。

突発的な緊急事態に備えて産科医、小児科医、その他の医療スタッフが連携して対応しています。公社病院では、荏原病院と豊島病院で住民が地域で子供を産み育てられる環境を守るため、安定的な分娩受入を行っています。

また、豊島病院では東京都より周産期連携病院としての指定を受けており、周産期母子医療センターと連携し、24時間体制でミドルリスクの妊産婦の搬送受入にも対応しています。


対象の公社病院