グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



カテゴリタイトル
ホーム  > 事業内容  > 公社の医療  > 高気圧酸素療法

高気圧酸素療法

高気圧酸素治療とは、通常の気圧より高い圧力環境のもとで酸素を吸入することで、血液中にたくさんの酸素を溶かし体内の酸素濃度を上げる治療です。
体内の酸素濃度を上昇させること、高い圧力を体にかけることで、様々な効果が得られます。


荏原病院の装置は、都内でも数少ない多人数用装置(第II種)で、最大8人まで入室可能です。



脳血管障害のほか、救急的処置の必要な疾患として突発性難聴や急性一酸化炭素中毒など高気圧酸素治療が有効な疾患に広く治療を行っています。

対象の公社病院