グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



カテゴリタイトル
ホーム  > 事業内容  > 公社の医療  > がん医療

がん医療

わが国では現在、一生の間に2人に1人が何らかのがんに罹患すると言われています。多くのがんは検診などを通じて早期発見できれば手術療法などで完全に治癒することが期待できます。
一方で、進行した状態で発見されるがん患者さんも決して少なくはなく、日本人の3人に1人が、がんで亡くなる時代でもあります。がんの治療法には手術、薬剤を用いた化学療法、放射線治療、緩和治療などがあります。また、これらを組み合わせた集学的治療により治療成績の向上を目指す場合もあります。

公社病院では、地域のがん診療の拠点として東京都が指定する部位別がん診療連携協力病院(※)
となっており、患者さんの病態に応じて適切ながん医療に取り組んでいます。


東京都がん診療連携協力病院(大腸)東部・南部・北部・豊島
東京都がん診療連携協力病院(胃)東部・豊島
東京都がん診療連携協力病院(前立腺)南部・北部


1.内視鏡医療

腹痛、吐き気、吐血、下血、血便、お腹が張る、胸やけなどの症状がいったいどんな病態で起きているのか明らかにするために大切な検査で、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸を直接内視鏡で観察することによって、早期診断及び治療方針を決定する上で欠かせないものとなっています。また、検査中の苦痛を最小限にするため、「経鼻内視鏡検査」を行っている病院もあります。

早期発見のがんに対しては、内視鏡的治療を行ないます。食道、胃、大腸の良性あるいは悪性腫瘍を内視鏡的粘膜切除術(EMR)や高度の技術を要する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を積極的に実施し、従来の開腹手術を回避できる症例も増えてきました。また、肝疾患では、肝臓癌の早期診断ならびにラジオ波療法、エタノール注入療法などの内科的治療を行っています。

2.外来化学療法

近年、従来は入院治療を必要としていた「がん化学療法」の多くが、通院で行えるようになり、専用の外来化学療法室で抗がん剤治療を行っています。外来で治療を行うことで、仕事やご家庭生活を今までどおり送りながら安心して治療を継続できます。

3.緩和ケア医療

がんに対する治療においては、手術などがんそのものを治療することも大切ですが、苦痛に対する対応も非常に重要です。苦痛は身体的な疼痛のほか、不安などの精神的なものも含まれます。

がんに伴う苦痛がある場合はそれを取り除くことで、日常生活の質が上がり、より積極的に治療に取り組むこともできるようになります。

こうした緩和治療を行うため、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、社会福祉士など他職種で構成されるチームを設立し活動しています。また、多摩南部地域病院、豊島病院は緩和ケア病棟を有しており、入院が必要な患者さんへ緩和医療・ケアを提供しています。

4.放射線治療

放射線療法とは、手術による外科療法、抗がん剤による化学療法と並ぶがん治療の3本柱のひとつで、放射線の細胞分裂を止める作用により腫瘍を縮小させます。放射線療法では切らずにがんを治療することが可能であり、治療機器の進歩と共に近年、QOLを下げない治療法として期待されるようになっています。

1.高精度放射線治療

定位放射線照射
定位放射線照射とは、病巣に対し多方向から放射線を集中させる方法です。「ピンポイント照射」とも呼ばれます。6~8方向から集中して放射線をあてるため、従来よりも一度に多い放射線をあてることができます。

画像誘導放射線治療(IGRT)
IGRTとは、患者さんの画像情報(X線画像等)をもとに、骨やマーカー等の位置から照射が正しく行えるのかを確認し、また、画像情報から照射位置のずれ量を求めて寝台位置の修正を行う高精度な治療です。スピーディー、そして安全かつ高い精度で位置を合わせて治療を行うことができます。

強度変調放射線治療(IMRT)
IMRTとは、最新のテクノロジーを用いて照射野内の放射線の強度を変化(変調)させて照射を行なう方法のことを指します。IMRTを使えば、がんの形に凹凸があってもその形に合わせた線量分布が作ることができます。

2.前立腺がんの小線源治療

小線源治療は早期の前立腺がんに対して行われ、微量の放射線を発するカプセル(小線源)を前立腺内に数十個埋め込む放射線治療です。開腹手術と比べ輸血の心配は無く、従来の放射線治療と比較しても直腸や膀胱の放射線障害を最小限にすることができます。
多摩北部医療センター「前立腺小線源療法」(別ウィンドウで開きます。)

対象の公社病院