グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



カテゴリタイトル
ホーム  > 事業内容  > 公社6病院と検診センター  > 多摩南部地域病院

多摩南部地域病院

所在地〒206-0036
東京都多摩市中沢二丁目1番地2
電話042-338-5111(代表)
最寄駅京王相模原線 京王多摩センター駅 下車徒歩約15分
小田急多摩線 小田急多摩センター駅 下車徒歩約15分
多摩都市モノレール 多摩センター駅 下車徒歩約12分
ホームページhttp://www.tamanan-hp.com/(別ウィンドウで開きます)

診療案内

診療科目18診療科
内科、消化器内科、循環器内科、緩和ケア内科、外科、消化器外科、脳神経外科、整形外科、精神科、小児科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、歯科口腔外科、放射線科、麻酔科
医療法定床数318床救急二次救急医療機関

特色

多摩南部地域病院は、平成5年7月26日に開院しました。東京都の南多摩地域(八王子市、町田市、日野市、多摩市、稲城市)を対象医療圏とする地域の中核病院として、地域医療機関と緊密な連携を図りながら、地域住民に対し継続性と一貫性のある適切な医療を提供しています。重点医療である「がん医療」の診療体制強化のため、平成25年7月に「緩和ケア病棟」を新設し、がんに伴う患者の体と心の痛みを和らげるため、医師・看護師・薬剤師・栄養士・理学療法士・医療社会福祉士などの多職種がチームによる質の高いケアを行っています。

救急医療 ~24時間365日体制で安心して受診できる体制~

24時間365日、二次救急を中心に様々な症状の患者に救急医療を提供する体制を確保しています。地域住民が安心して受診できるよう、「休日・全夜間診療事業」の指定を受け、救急搬送を円滑に実施するための「救急搬送体制整備事業(東京ルール)」への参画など、地域の中核病院として大きな役割を担っています。

がん医療 ~急性期から緩和ケアまで地域の中で完結できる医療体制を目指して~

大腸がん、前立腺がん、胃がん、乳がんを中心に、急性期から緩和ケアまで地域の中で完結できる医療体制を目指し、がんの診断、治療や疼痛緩和ケアなどの系統的ながん医療を提供しています。多摩南部地域病院における疾病数の第1位は新生物(がん)であり、大腸がんで東京都がん診療連携協力病院の認定を受け、地域におけるがん医療の連携体制の構築を目指しています。また、地域に不足する緩和ケア病棟を新設し、早期からの緩和ケア提供、地域の医療機関と連携を密にとりながら在宅でも安心できる療養を継続していくようサポート体制を構築しています。

地域医療連携 ~地域連携パスを利用した支援体制の構築~

患者が症状に応じて適切な医療機関で受診できるよう地域との連携を強化し、医療機関相互の適切な役割分担や機能連携を進め、効率的な医療提供体制の確立を目指しています。地域医療支援病院として、地域の病院と患者の紹介、逆紹介を行い、CT、MRIなどの高額医療機器の共同利用を推進しています。また、急性期から回復期・維持期へと切れ目のない医療を、地域全体で効率的・安定的に提供できるよう、脳卒中、大腿骨頚部骨折、胃瘻など地域連携パスを活用し支援体制を構築しています。

アクセスマップ