グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



カテゴリタイトル
ホーム  > 採用情報  > 事務職の採用  > 研修・教育体制

研修・教育体制

OJT、OFF-JTを組み合わせた多彩な研修プログラムを用意し、職員の成長を公社全体でサポート


OJT(On-the-Job Training)…仕事の場で行われる教育・教育訓練手法
Off-JT(Off-the-Job Training)…仕事の場を離れて学習させる能力開発手法


新入職員研修

「学生から社会人へ、公社職員の一員へと意識を高める」ことを目的とし、社会人および医療人としての基礎知識とスキルを習得するための研修を実施します。また、この研修は職種や配属先を越えて新入社員が集まる場です。配属後も、ここで出会った仲間との絆を大切にし励まし合いながら成長していきます。
具体的な内容
公社病院の役割や今後の展望など組織の一員として必要な知識を身につけます。また新入社員に必要なビジネスマナーや仕事の進め方など事例を使ったロールプレイング研修を実施しています。この先、公社で活躍していく自分を思い描きながら、社会人の第一歩を踏み出します。
フォローアップ研修
入社半年後に、入社から現在までを振り返り、「公社人」としての成長を確認します。「入社半年」は、そろそろ仕事に対する悩みや迷いを持ち始める頃です。同期とのグループディスカッションを通し、解決へのヒントを得ることで、更なるステップアップを図ります。

キャリア別研修

若手から管理職までそれぞれの責任に応じて必要とされる知識・スキルを身につけキャリアアップすることを目的とする研修です。
その他パソコン研修、医療安全研修などを実施

事務職員の研修

入社後はOJTを基本として、必要に応じて内部の集合研修や外部機関の実施する研修に参加することができます。

<内部の集合研修>
基礎研修/実務研修/専門研修

各研修の具体例

基礎研修多様な仕事内容の概要を理解する。文書研修なども実施。
実務研修各担当者別の研修を実施し、
日常の業務を遂行するために必要な知識・スキルを身につける。
専門研修経営的な観点から統計データの読解・経営分析方法を学ぶ。

採用エントリー

電話でのお問い合わせ

採用応募・エントリーフォーム

フリーダイヤル 0120-401-170