新人メッセージ

公社6病院には毎年新しく、たくさんの看護師が仲間入りしています。ひとくちに新人といってもその働き方や思いはさまざま。現在活躍している新人看護師のメッセージから、あなたが働く姿をイメージしてみてください。

東部地域病院Tobu chiiki hospital

入職を決めたポイントは?
研修体制が整っていることです。基礎看護技術の習得をめざすグローアップ研修、基礎コースレベルⅠ~Ⅲまでのクリニカルラダーは段階的に成長していけると分かりやすかったです。その先もジェネラルコースなどレベルアップのための制度があって充実しているなと感じました。そしてPNS体制なのも良いです。二人で受持ち患者さんを看られるので、ちがう視点で患者さんを把握できたりミスも減らせるなど、患者さんにもより安心していただけて、看護する私たちも安心です。
公社で働いてよかったこと、苦労したことは?
最初は一人だけできなかったらどうしよう…と不安で、ナースステーションにいるだけで緊張する毎日でした。でも、ペアの先輩が丁寧に教えてくれ、他の先輩も困っていないかいつも声をかけて気にかけてくださるので、できない不安が” 早くできるようになりたい” という前向きな気持ちに変わっていきました。業務の中で「成長したね、もう一人でも大丈夫そうだね」と言ってもらえることがとても嬉しく、自信にも繋がりました。先輩たちに助けていただきながら、同期と切磋琢磨し、これからも成長していきたいと思っています。

多摩南部地域病院
Tama-nanbu chiiki hospital

入職を決めたポイントは?
大学生の頃から在宅医療や訪問看護の分野に興味がありました。多摩南部地域病院は地域医療支援病院ということと、退院支援に力を入れていると知って、自分もその知識をつけたいと考えたのが大きなきっかけでした。それからもうひとつ、PNSを取り入れていることも魅力で、パートナー看護師と共に業務できるなら不安が少なく仕事できると思ったんです。
公社で働いてよかったこと、苦労したことは?
配属された病棟は職員の連携が強く先輩たちも優しく、私が今までに実習などを体験したどの病院よりも良い雰囲気でした。困ったり悩むことがあっても、すぐに相談できる先輩がたくさんいるので一人で決断しなくてはいけないという場面はありません。苦労したのは事務処理やシステム関係の業務です。内容は入退院の手続きや書類の書き方などで、覚えきれずに何度も先輩に聞くこともありました。まだまだ経験していないことはたくさんあるのですが、これから少しずつ自分のできることが増えていくと思うと楽しみでもあります。

大久保病院Ohkubo hospital

入職を決めたポイントは?
病院見学のとき、まず病棟内に明るさと活気があると感じ、看護師の方々が優しくて笑顔が多かったことが印象に残りました。さらに教育体制がとても充実していると知り魅力的に感じました。クリニカルラダーに沿って着々と正確な知識や技術を身に付けられることやPNSが導入されていて臨床の場で多くの学びを得ることができること。そして、研修に参加するための業務体制やバックアップが充実していると聞き、ここでなら看護師として成長し続けられると感じました。
公社で働いてよかったこと、苦労したことは?
配属された病棟は、看護師、医師、リハビリスタッフなど他職種の方々もみんな明るく笑顔で元気で、働きやすい雰囲気ですね。先輩看護師もとても親身になって教育してくれ、より正確な知識や技術の習得につながっていると感じています。苦労したことは多重業務に追われて優先順位を立てる際、立て間違いをして、時間配分ができなかったことです。患者さんやご家族から「いつもありがとう、感謝しています」と心からの言葉を頂いたり、一つひとつの仕事が誰かの役に立っている実感を得られています。

多摩北部医療センター
Tama-hokubu medical center

入職を決めたポイントは?
私が就職を決めた理由は3つあります。1つは研修体制、2つめは敷地内に保育園があること。そして、3つめはこの病院の小児科に私の理想とする条件が揃っていたことです。私はもともと、重心障害児(者)の看護に興味がありました。当院の小児科では、主にレスパイトとして重心障害児(者)さんと関わることができ、さらに小児科としてさまざまな疾患、治療、看護を学ぶことができるため、私に向いていると感じたからです。
公社で働いてよかったこと、苦労したことは?
実際に働き始めて一番良かったと感じることは、職場の環境が良いことです。フレッシュパートナーさんだけでなく、病棟全体で教えよう、学ばせようという姿勢で接してもらえて心強いです。それに、一人の看護師として尊重してもらっていると感じることができるため、意見交換や報告・連絡・相談がしやすいと日々感じています。苦労したのは、初めての土地での一人暮らしに慣れず、気を張ってしまい疲れてしまったことです。今は環境にも慣れ、日々看護師として働くことに楽しさを感じています。

荏原病院Ebara hospital

入職を決めたポイントは?
3年間で一人前の看護師になることを目標に、1年目からの研修プログラムが細かく組まれていて、基礎から安心して看護を学んでいける環境であることが決め手になりました。それから、学生時代にインターンシップに参加させてもらった際、病院や病棟の雰囲気が自分に合っていると感じたのも入職を決めた理由の一つです。
公社で働いてよかったこと、苦労したことは?
学生の頃と大きく違ったのは受け持ちの患者さんが複数いることです。優先順位を考えながら業務を組み立てるのに苦労しました。点滴や薬の内服、検査やリハビリなど時間が決められていることも多く、それらを踏まえて一日の流れを考えるのが難しかったです。先輩にアドバイスをもらい繰り返しやることで、業務の組み立てができるようになっていきました。嬉しかったのは、患者さんに「あなたと話していると安心する」と言ってもらえたこと。これからもっと看護師としての知識と技術をたくさん学んでいく必要がありますが、この患者さんの言葉は今の自分への励みに繋がっています。

豊島病院Toshima hospital

入職を決めたポイントは?
夏期のインターンシップに参加したとき、病棟の先輩看護師と看護を行いました。そのとき、先輩から助言をいただいたり先輩の看護する姿を見ていて、とても温かくて雰囲気の良い病院と感じました。「自分も同じ環境で患者さんのためにより良い看護がしたい」という思いで入職を決めました。
公社で働いてよかったこと、苦労したことは?
働き始めて良かったのは、未熟な自分に対しても患者さんが良い評価をくださることです。患者さんから「あなたみたいな看護師が必要」「あなたに看護してもらえて良かった」などの言葉をいただいて、看護師としてのやりがいを感じながら楽しく仕事できています。ただ、毎日覚えることが多いので大変です。患者さんの命を預かる仕事でもあるので責任や緊張感があり、日々勉強していくことがとても必要だと感じ、苦労しています。

新人看護師1日の仕事(一例)

8:15情報収集・共有
ペアで受け持ち患者さんの情報収集を行い、夜勤担当からの引継ぎ、スケジュール確認やカンファなど今日一日の準備作業からスタートです。
9:00患者さんへのケア
受け持ち患者さんを回り状態観察や清潔ケア、与薬、輸液管理、検査への送り出しなどを行っていきます。合間に電子カルテ入力や医師やリーダーへの報告・連絡・相談もペアで協力して行います。
11:30お昼休憩へ
ペアやリーダーと相談しながら順番に休憩。休憩前後には情報をすり合わせて業務の抜けがないようにしています。病院内には休憩室や売店があるので、お弁当持参したり買ってきたりします。食堂もあるので同期と食べに行くことも。
12:30患者さんへのケア
午後も受け持ち患者さんの状態を観察しながら、与薬、点滴の確認、検査出しなど、引き続きケアを行っていきます。必要な方には食事介助やおむつ交換、体位変換など…患者さんに合わせて対応していきます。
16:00報告・振り返り
残っている記録を行い、リーダーへ報告します。他の看護師と進行状況を共有し合いながら時間内に業務が終われるよう協力することも。次の勤務の人のために環境を整え、受け持ち患者さんに挨拶を行います。ペアと1日の振り返りを行い、分からないことは確認・相談していきます。
17:00業務終了
翌日の準備も整えつつ、業務の漏れがないか最終確認を行い、業務終了です。
※病院によって勤務時間は異なります