グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



カテゴリタイトル
ホーム  > 活動報告  > クリニカルインディケーター(臨床指標)  > 4.放射線及び検査に関する指標

4.放射線及び検査に関する指標

緊急対応可能検査項目数及び緊急対応可能検査項目数の割合

平成27年度平成28年度平成29年度
検体検査61.667.767.6
生理検査86.987.184.0

院内で実施する検査のうち、救急患者や入院患者の急変などに対応し、院内で緊急に行える検査がどのくらいあるかを表しています。

緊急検査のTAT(ターンアラウンドタイム)

平成27年度平成28年度平成29年度
検体検査(分:秒)31:5430:0230:02

TAT(ターンアラウンドタイム)とは検体が検査科に来てから検査結果が確定するまでの時間のことです。検査結果を迅速に報告することで、医師が治療方針を早期に決定することができ、医療の質向上に寄与します。

CT、MRI、血管造影、マンモグラフィの検査人数

平成27年度平成28年度平成29年度
CT65,51265,87868,740
MRI34,77732,15832,575
血管造影3,0503,2783,529
マンモグラフィ6,6986,7467,291

検査の中でも件数の多い、CT、MRI、血管造影、マンモグラフィそれぞれの検査患者数です。

臨床検査に係る精度管理調査評価評点

平成27年度平成28年度平成29年度
日本医師会99.098.798.6
日臨技99.499.499.7

日本医師会は、総タンパク、ブドウ糖、尿酸など検体検査40以上の検査項目について、サーベイを実施した結果の項目修正点数(100点満点)です。日臨技は、検体検査、微生物、輸血、生理、病理、細胞など180以上の評価項目について、サーベイを実施した結果の望ましいとされる評価A、評価Bの件数の割合です。

放射線科医師による読影レポート数

平成27年度平成28年度平成29年度
レポート数145,115137,011142,029

放射線科の医師による専門的見地から、検査結果に基づいた画像診断・助言を行っている件数です。

ME機器点検実施件数

平成27年度平成28年度平成29年度
実施件数61,32865,13263,794

ME機器の使用時の故障を未然に防ぎ、検査の安全性を保つために、使用前や使用後及び一定の期間毎に行っている点検の件数です。